【仮想通貨】ヘデラ(HBAR)完全ガイド:特徴、将来性、そして初心者向けの購入方法

このブログでは、注目されている仮想通貨、へデラHBARに焦点を当てています。へデラは、ブロックチェーン技術とは異なる、ヘデラ・ハッシュグラフという分散型台帳技術を用いています。この技術により、エネルギー効率が高く、環境に配慮した仮想通貨としての特性を持ちます。新型コロナウィルス対策にも活用されるなど、その応用範囲は広がっています​​。

また、へデラの将来性についても注目すべきです。その理由としては、へデラ運営審議会に多くの有名大手企業が参加している点や、SDGsの問題解決に取り組むプロジェクトを進行している点が挙げられます。これらの要素が組み合わさることで、へデラはただの通貨機能を超え、社会的なニーズに応える存在になると考えられています。長期的な視点で見れば、その価値はさらに高まることが予測されています​​。

このブログを通じて、へデラHBARの基本情報技術的特徴サスティナブルな側面、そして将来性について深く掘り下げ、投資としての可能性を考察します。

この記事の結論
  • ヘデラHBARは独自のハッシュグラフコンセンサス技術を採用し、高速なトランザクション処理と低い消費電力が特徴です。
  • 環境配慮とサスティナブルな投資への取り組みにより、ヘデラHBARは他の仮想通貨と比較して環境への影響が小さいことが強みです。
  • 多様な業界の大手企業が運営審議会に参加しており、ヘデラHBARの将来性と投資価値は注目に値します。

今回はヘデラ(HBAR)について解説します!

この記事を読んで少しでもお役に立てていただけたら幸いです。

目次

ヘデラHBARの基本情報

項目情報
暗号通貨の種類ヘデラHBAR
発行上限500億枚
承認方式ハッシュグラフコンセンサス
開始日2018年8月
中央機関ヘデラ運営審議会
主な参加企業Google, IBM, 野村ホールディングス, BOEING, フランス電力会社など
トランザクションの特徴送金スピード3〜5秒、送金コスト0.0001ドル、処理速度10,000件以上
技術的特徴ハッシュグラフコンセンサスによる高速処理と低消費電力
公式リンク公式サイト,ホワイトペーパー
メディアX(旧Twitter),Telegram

へデラHBARは、公開されているプルーフ・オブ・ステークネットワークで運用されるエネルギー効率の高い暗号通貨です。へデラの原生通貨であるHBARは、アプリケーションのトランザクション料金を支払い、ネットワークを攻撃から保護するために使用されます。開発者は、HBARを使用して、HBARの転送、代替不可能トークンの発行、スマートコントラクトの呼び出し、データのログ記録など、ネットワークサービスの料金を支払います。各トランザクションに対して、HBARが使用され、帯域幅、計算能力、ストレージのためにバリデータノードに手数料を支払うことになります。

へデラは、2018年8月に開始され、発行上限は500億枚と定められています。中心となる機関はへデラ運営審議会で、これは多くの著名企業が参加していることで知られています。HBARの承認方式はハッシュグラフコンセンサスを採用しており、これはビットコインやイーサリアムなどの従来のブロックチェーン技術とは異なります。ハッシュグラフコンセンサスは、トランザクションの処理速度が速く消費電力が少ないという特徴があります。これらの特性により、へデラHBARはサステナブルな仮想通貨としての地位を確立しています。

また、へデラ運営審議会にはGoogle、IBM、Ubisoft、BOEING、AVERY DENNISON、ドイツテレコム、野村ホールディングス、DBS銀行、新韓銀行など、多数の有名な企業が参加しています。これらの企業の参加は、へデラHBARが世界的に期待されている仮想通貨プロジェクトであることを示しています。

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

サスティナブルな特徴

通貨1取引あたりの消費電力量CO2排出量(換算)
ヘデラHBAR0.00017 kWh約0.000020549 kg
ビットコイン約1,736 kWh約825 kg
イーサリアム約133 kWh約63 kg
VISAカード決済4 m相当

ヘデラHBARは、環境への配慮が特に強調される仮想通貨です。ビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨と比較して、ヘデラのトランザクションは非常にエネルギー効率が高く、環境への影響が少ないです。例えば、ヘデラの1取引あたりの消費電力量は約0.00017kWhで、これは1分間の動画再生時に使われるサーバーの電力消費量とほぼ同じレベルです。対してビットコインは1取引毎約1,736kWh、イーサリアムは約133kWhを消費することが報告されています。これにより、ヘデラは車で約50cm走行した時のCO2排出量に相当するとされ、ビットコインやイーサリアムと比べてかなり低い数値です​​​​。

また、ヘデラは持続可能な開発目標(SDGs)に基づき、環境保護を重要な価値観としています。これを実現するために、ヘデラは四半期ごとにカーボンオフセットを購入し、カーボンネガティブなネットワーク運営に取り組んでいます。この取り組みは、ヘデラ運営審議会が検討し、第三者評価機関によって決定されています。ヘデラネットワークが使用するハッシュグラフアルゴリズムとPoSコンセンサスメカニズムは、エネルギー効率が高く、省エネかつ持続可能な運営を可能にしています​​。

これらの環境への配慮は、ヘデラHBARを他の仮想通貨と比較してサスティナブルな選択肢として際立たせています。このような特性は、環境問題への関心が高まる中で、投資家やユーザーにとって重要な要素となっています。

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

将来性と投資価値

  1. 多数の大企業が運営に参加: ヘデラの運営審議会にはGoogle、IBM、野村ホールディングス、BOEING、フランス電力会社など、世界中の有力な企業や金融機関が参加しています。この多様で強力なサポートは、ヘデラの信頼性と将来性を高めています。
  2. 導入事例の増加: ヘデラネットワークは世界中の企業やプロジェクトに導入されており、カーボンオフセット、コロナワクチンの情報管理、フェイクニュース対策、少額決済サービス、ステーブルコイン(USDC)など、さまざまな分野での活用事例が拡大しています。
  3. 新韓銀行の国際金融システムへの採用: 新韓銀行はヘデラのネットワークを用いた国際送金プロジェクトを開発しました。これは国際送金のプロセスを効率的かつ費用効果の高いものにすることを目的としています。ヘデラの技術が金融システムに活用されることは、ヘデラの認知度と価格上昇の可能性を示唆しています。

しかし、投資にはリスクも伴います。ヘデラのリスクには、価格変動の大きさと暴落リスク、法規制の影響、日本での注目度の低さが含まれます。ヘデラはビットコインなどの主要銘柄に比べて価格のボラティリティが大きく、大口の売りによって価格が大きく変動する可能性があります。

将来性に関する価格予想も参考にする価値があります。2023年の初めに0.036ドルだったヘデラの価格は、2025年には0.16ドルから0.21ドル、2029年には0.44ドルから0.74ドルに高騰するとの予想があります。ただし、これらの予想は市場全体の動向に影響されるため、投資判断に際しては慎重に行う必要があります。

以上の点を総合的に考慮すると、ヘデラHBARは将来性が高いと見られる一方で、投資に際してはリスクも慎重に評価する必要があります。

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

ヘデラ運営審議会にGoogle, IBM, 野村ホールディングス, BOEING, フランス電力会社が参加する理由

ヘデラ運営審議会には、Google、IBM、野村ホールディングス、BOEING、フランス電力会社などの大手企業が参加しています。この多様な業界からの参加は、ヘデラHBARのプロジェクトが持つ広範な影響力と将来性を反映しています。

  1. 革新的な技術への投資: GoogleやIBMなどのテクノロジー企業は、革新的な技術に投資することで、新しいビジネスモデルの機会を探求します。ヘデラのハッシュグラフコンセンサス技術は、既存のブロックチェーン技術を超える可能性を秘めており、これらの企業にとって魅力的な投資対象となっています。
  2. 業界の発展と新たなチャンス: 野村ホールディングスやBOEINGのような異業種の企業も、ブロックチェーン技術の進展によって新たな市場が開かれる可能性に注目しています。特に金融業界では、ブロックチェーンが取引の透明性や効率性を大幅に向上させるため、ヘデラの技術に関心を持っているのです。
  3. サステナビリティへの取り組み: フランス電力会社のようなエネルギー関連企業は、ヘデラHBARのエネルギー効率の高さと環境に対する配慮に魅力を感じています。これは、サステナブルな技術に重点を置く現代のビジネス環境において重要な要素です。
  4. ネットワークの信頼性と安全性の強化: ヘデラ運営審議会に多様な企業が参加することで、ネットワークの分散化とガバナンスの強化が図られます。これにより、ヘデラHBARネットワークはより信頼性が高く、セキュアなものになります。
  5. 新しいガバナンスモデルの実験: ヘデラ運営審議会のモデルは、企業が共同でテクノロジーのガバナンスに参加する新しい形を提供します。これは、将来のデジタル経済における企業間協力のモデルケースとなる可能性を秘めています。

これらの要因から、Google、IBM、野村ホールディングス、BOEING、フランス電力会社などがヘデラ運営審議会に参加する理由は明らかです。ヘデラHBARは、多様な業界からの支持を受けており、その技術とビジョンは多方面に渡る影響力を持つと言えます。

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

ヘデラ(HBAR)の買い方、購入方法

メカ丸

博士。HBARの買い方を知りたいです。

メカじい

MEXCでのHBARの買い方を紹介するぞい!

①MEXCで口座開設をする
②日本の取引所からMEXCへ送金し、仮想通貨を購入する

① MEXCで口座開設をする

口座開設は以下のMEXC Global公式サイトはこちらからのリンクより赤線部入力で新規登録が完了します。

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

メカ丸

メールアドレスで登録できるから簡単でした!

② MEXCでの購入方法

STEP1. 国内取引所へ日本円を入金
STEP2. 国内取引所で日本円を仮想通貨に交換
STEP3. 仮想通貨をMEXCの口座に入金
STEP4. MEXCで仮想通貨を購入する

STEP1. 国内取引所へ日本円を入金

  1. 国内取引所に登録
  2. 国内取引所に日本円を入金する

日本からMEXCへ入金する際、

日本円での銀行振込は利用できないため

クレジットカードか国内の仮想通貨取引所へ入金するかのどちらかになります。

しかし、クレジットカードでの入金は手数料が高いためおすすめできません。

そこでここでは国内取引所からMEXCへ入金する方法を紹介します。

まずは、国内の仮想通貨取引所でアカウントを作成しましょう。

アカウントを作成する際は、個人情報の入力や本人確認の提出が必要です。

アカウントを作成・登録したら、国内取引所に日本円を入金しましょう。

国内取引所ではビットバンクがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)
ビットバンクからの購入→送金手順

ビットバンクのおすすめ理由
・bitbank(ビットバンク)は取引量国内No.1の取引所
・取引所で買える銘柄が多く、コストを抑えられる
・板取引に強く、初心者から上級者まで幅広い支持を集めている

bitbank

送金速度も速いので私もビットバンクを利用しています。

STEP2. 国内取引所で日本円を仮想通貨に交換する

  1. 取引所で購入したい仮想通貨を選択
  2. 購入したい数量を選択

国内取引所に入金した日本円を仮想通貨に交換しましょう。

仮想通貨はビットコインやリップルなど何でもOKです。

国内取引所で購入したい仮想通貨を選んだら、
購入したい数量を選択し購入します。

STEP3. 仮想通貨をMEXCの口座に入金

他取引所からMEXCへ通貨を送金し、購入しましょう。手順は以下の通りです。

MEXCでの入金手順
  1. ホーム画面で資産をタップ
  2. 資産画面で入金をタップ
  3. 検索で入金したい銘柄をタップ(例:XRP等)
  4. 入金するネットワークを選択(例:XRP)
  5. QRコードが出てくるので他取引所の送金画面より入力し、送金で完了
メカ丸

やってみると10分あればできました!

STEP4. MEXCで仮想通貨を購入する

  1. ホーム画面で購入したい銘柄を検索(ヘデラ(HBAR)はXRPでは買えないのでXRPでUSDTを購入後に購入してください)
  2. 検索結果で取引したい通貨を選択
  3. チャート画面より購入をタップ
  4. 価格」「数量」を入力し、「購入」をタップし完了
メカ丸

サイトが分かりやすくて迷いませんでした!

メカじい

一度やってみることが大切じゃ

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

MEXCのおすすめポイント!!!

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

仮想通貨を買うのにMEXCはオススメです。

MEXCのオススメポイントは、

  • 多くの国で利用されていて、世界基準の取引所
    MEXCは、200以上の国で600万人以上のユーザーに利用されています。。
    多くの言語を扱っていて、世界基準の暗号資産取引所となっています。

  • セキュリティ対策がしっかりしている。
    SMS認証、Google認証、メール認証、ログイン通知機能、アンチフィッシングコード等
    自分に合わせたセキュリティを設定できます。

  • サイトが日本語対応していて分かりやすい
    iosやandroidのアプリでも日本語対応しているため
    日本の取引所と同等の仕様で使いやすいです。

  • 取扱種類が豊富で他通貨に交換しやすい
    日本の取引所での取り扱い通貨は多い取引所で30種類ほどしかありませんが、
    取り扱い通貨数1,100種類以上。
    現物取引だけでなく「先物取引、マージン取引、信用取引」等、
    様々な取引ができます。
メカ丸

最初は不安だったけど使ってみたらすごい使いやすかったです!

メカじい

最近ではMEXCメインになっとるぞい

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

まとめと展望

本ブログでは、ヘデラHBARの基本情報、技術的特徴、サスティナブルな側面、将来性と投資価値について詳しく説明しました。ヘデラは、ヘデラ・ハッシュグラフという独自の分散型台帳技術を使用し、エネルギー効率が高く、環境に優しい特性を持っています。これにより、サスティナブルな投資の選択肢としての地位を確立しています。

また、多数の大企業が運営に参加していること、さまざまな分野での導入事例の増加、新韓銀行の国際金融システムへの採用など、ヘデラの将来性には明るい展望が見られます。しかし、投資に際しては、価格変動のリスクや法規制の影響を考慮する必要があります。

仮想通貨業界において、ヘデラHBARはそのユニークな特徴と持続可能な取り組みにより、特に注目される存在となっています。今後も、ヘデラの技術進化や市場での位置付けに注目し、新たな動向を追っていくことが重要です。投資家は、ヘデラの将来性を見極めながら、賢明な投資判断を行うことが求められます。

\ヘデラ(HBAR)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

目次