【仮想通貨】Kaspa(KAS)革新的blockDAG技術と市場分析

Kaspa(KAS)は、従来のブロックチェーン技術を超える革新的なアプローチを採用した仮想通貨です。このプロジェクトは、分散型のレイヤー1プラットフォームとして2021年に登場し、独自のblockDAG技術を用いることで、トランザクションの高速処理とスケーラビリティの向上を実現しています。Proof of Work (PoW) コンセンサス機構を採用しつつ、エネルギー効率の高いマイニングアルゴリズム(kHeavyHash)を使用することで、環境への影響を最小限に抑えています。また、分散化されたコミュニティ主導型のプロジェクトとして、オープンソースで進められており、その透明性とアクセス可能性は多くの支持を集めています。市場におけるポジショニングでは、競合他社と比較して独自の優位性を示しており、今後の成長が期待される新興の暗号通貨です。本記事では、Kaspaの登場背景、blockDAG技術の詳細、マイニングアルゴリズム、市場での位置づけと競合分析について詳しく説明します。

この記事の結論
  • Kaspaは、高速でスケーラブルなblockDAG技術を採用。
  • 環境に優しいマイニングアルゴリズム、kHeavyHashを使用。
  • 市場での成長には認知度の向上と競争への対応が必要。

今回はKaspa (KAS)について解説します!

この記事を読んで少しでもお役に立てていただけたら幸いです。

目次

Kaspaの登場背景とビットコインとの比較

項目説明
プロジェクトの開始2021年11月にメインネットをローンチした分散型レイヤー1プロジェクト
特徴事前採掘や販売がなく、割り当てもない完全に分散されたコミュニティ主導のプロジェクト
技術的背景独自のPoWコンセンサス「PHANTOM GhostDAG」を採用し、マイニングの分散化と高効率、スケーラビリティを実現
創設者ハーバード大学のYonatan Sompolinsky氏によって構想された
開発チーム暗号学博士課程の学生、CSマスター、開発者など多様な専門家
トークンの役割ビットコインの進化版暗号通貨として流通する目的
公式リンク公式サイト,ホワイトペーパー
メディアX(旧Twitter),Discode,Telegram
  • Kaspa(KAS)は、2021年11月にメインネットをローンチした分散型レイヤー1プロジェクトです。事前採掘や販売がなく、割り当てもない完全に分散されたコミュニティ主導のプロジェクトです。2013年より開発が進められていた独自のProof of Work(PoW)コンセンサス「PHANTOM GhostDAG」を採用し、マイニングの分散化で高効率とスケーラビリティの欠如を防止しています。ブロックチェーンのトリレンマ(セキュリティ、スケーラビリティ、分散化のバランス問題)の解決にも焦点を置いています。Kaspaは、金よりも銀のような流動性が高く、希少性をため込まない資産価値を目指しています。これにより、「KAS」トークンはビットコインの進化版暗号通貨として流通する目的があるとされています。
  • KASPAはGHOSTDAGプロトコルを実装するPoW仮想通貨で、従来のブロックチェーンと異なり、GHOSTDAGは並列作成されたブロックを孤立させず、共存させコンセンサスにまとめます。Kaspaブロックチェーンは実際にはブロックDAGです。このナカモトコンセンサスの一般化により、非常に高いブロック率(現在は毎秒1ブロックで、将来的には10ブロック/秒、さらには100ブロック/秒を目指す)と、インターネッレイテンシーに支配される最小の確認時間を維持しながら安全な運用が可能になります。Kaspaの実装には、DAGのトポロジーを照会するための到達可能性、ブロックデータプルーニング(将来のブロックヘッダープルーニング計画を含む)、SPVプルーフ、レイヤー2ソリューションの将来の実装をはるかに簡単にする後のサブネットワークサポートなど、多くの優れた機能が含まれています。
  • Kaspaは、PolyChainの投資を通じて、研究開発会社のDAGLabsによって構想されました。Kaspaは完全にオープンソースであり、中央ガバナンスやビジネスモデルは存在しません。創設者は、ハーバード大学のMEV研究チームのポスドクCSであるYonatan Sompolinsky氏です。
  • これらの情報から、Kaspaはビットコインと比較して、より高速なトランザクション処理能力、分散化されたマイニング、そしてコミュニティ主導のオープンソースプロジェクトという特徴を持っています。また、その技術基盤として独自のGHOSTDAGプロトコルを採用し、ブロックDAG構造を持つことでブロックチェーンのトリレンマに対処していることが特筆されます。

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

高速トランザクションを実現するblockDAG技術の解説

特徴Kaspa (blockDAG)伝統的なブロックチェーン
ブロック生成方法並行的連続的
トランザクション処理速度非常に高速(1秒に1ブロック)比較的遅い(例:Bitcoinは10分に1ブロック)
スケーラビリティ高い限定的
セキュリティ高い高い
データ構造Directed Acyclic Graph (DAG)線形チェーン
エネルギー効率高い低い(特にPoWの場合)
分散化高い高い
トランザクション確認時間短い長い
  1. BlockDAGの基本概念とその効果:
  • Kaspaは、従来のブロックチェーン技術とは異なるblockDAGを採用しています。伝統的なブロックチェーン(例えばビットコイン)では、ブロックが順次追加されるのに対し、blockDAGでは複数のブロックが並行して作成され追加されます。この並行性により、トランザクションの処理速度とスケーラビリティが大幅に向上し、従来のブロックチェーンの主要な限界の一つを解決しています。

2. BlockDAGの構造とトランザクションの処理:

  • KaspaのblockDAGは、有向非巡回グラフ(Directed Acyclic Graph: DAG)を使用して、トランザクションがまとまったブロックをつなぎ合わせるデータ構造です。この方式により、各トランザクションは約1秒でblockDAGに公開され、1秒ごとに複数のブロックが生成され、平均10秒でトランザクションが完全に確認されるようになります。これにより、高速なトランザクションが実現されています。

3. BlockDAGとブロックチェーン/DAGチェーンのハイブリッド構造:

  • KaspaのblockDAGは、ブロックチェーンDAGチェーンの特徴を組み合わせたハイブリッドなデータ構造です。ブロックチェーンではトランザクションをブロックに溜めて、一定間隔で次のブロックを生成しますが、DAGチェーンでは取引データを直接接続します。blockDAGはこれら2つの特徴を兼ね備えており、すべてのブロックがチェーンに取り込まれることで、より多くのトランザクションが容易になり、ほぼ即座に確認が行えるようになります。

4. GHOSTDAGプロトコルの採用:

  • KaspaはGHOSTDAGプロトコルを使用してBlockDAG構造内でブロックの順序に関するコンセンサスを達成します。このプロトコルはビットコインが使用するProof of Work(PoW)メカニズムを改良したもので、より効率的で安全な方法でコンセンサスを達成することが可能です。

これらの点から、KaspaのblockDAG技術は、従来のブロックチェーンの限界を克服し、高速なトランザクション処理能力とスケーラビリティを実現する革新的なアプローチといえます。また、GHOSTDAGプロトコルの使用により、効率と安全性の面でも強化されています。

Kaspaのマイニングアルゴリズムと環境への配慮

  1. Proof of Work (PoW)の採用と効率化:
  • Kaspaは“純粋な” Proof of Work (PoW)を採用しています。これは、分散化を重視した選択であり、中央集権的になりやすいProof of Stake (PoS)ではなくPoWを選んでいます。環境への悪影響を避けるため、kHeavyHashというマイニングアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムはワットあたりのハッシュパワーが高く、エネルギー効率が優れています。また、blockDAGの採用により重複ブロックの破棄がなく、計算努力が無駄にならないため、他のマイニングチェーンに比べてエネルギー効率が高いです。

2. kHeavyHashアルゴリズムの特徴:

  • kHeavyHashはKaspa専用に開発されたカスタムビルトのアルゴリズムです。このアルゴリズムは、2つの標準的なKeccakハッシュ(SHA-3としても知られる)の間で行われる行列乗算を含みます。kHeavyHashはコア主導型であり、多くのメモリを使用しません。これにより、メモリ集約型のマイニングアルゴリズムを使用する他の暗号通貨とのデュアルマイニングが可能になります。Kaspaのマイニングは、大きなGPUメモリ使用に依存しないように設計されており、4GB未満のメモリを持つGPUでも効率的にマイニングできるため、利用可能なマイニングハードウェアの範囲が広がります。Kaspaは非常に高いブロック生成率を持ち、毎秒新しいブロックが生成され、多くの他の暗号通貨に比べてブロックの頻度が高くなっています。現時点では、ASICデバイスが主にkHeavyHashマイニングに使用されており、このアルゴリズムはASICによる保護はされていません。

3. マイニングの特性と分散化:

  • Kaspaは現在、存在する中で最も高速なPoWでマイニング可能なコインでありながら、分散化を維持しています。blockDAGアーキテクチャと高速なブロックレートにより、より多くのマイニング分散化が可能になり、低ハッシュレートでの効果的なソロマイニングを可能にしています。Kaspaは2021年11月にフェアローンチされ、事前採掘、事前販売、コインの割り当ては一切ありません。Kaspaは100%分散化され、オープンソースで、コミュニティによって管理されています。Kaspaの総供給量は287億コインで、毎月(1/2)~(1/12)の割合で滑らかに削減されるスケジュールにより、年に一度半分になります。

これらの情報から、Kaspaのマイニングアプローチは、環境への配慮、効率性、および分散化を重視していることがわかります。特に、kHeavyHashアルゴリズムはエネルギー効率が高く、広範なマイニングハードウェアでのマイニングを可能にしています。また、blockDAGの利用により、計算努力が無駄にならず、エネルギー効率をさらに高めています。これにより、Kaspaは環境に配慮しつつ、効率的で分散化されたマイニングを実現しています。

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

Kaspaの市場でのポジショニングと競合分析

競合分析の比較表を作成し、Kaspa (KAS) の優位性を明確にするため、主要な特徴を他の有名な暗号通貨(Bitcoin, Ethereum, Monero, Zcash)と比較します。

特徴Kaspa (KAS)Bitcoin (BTC)Ethereum (ETH)Monero (XMR)Zcash (ZEC)
コンセンサス機構Proof of Work (PoW)Proof of Work (PoW)Proof of Stake (PoS)Proof of Work (PoW)Proof of Work (PoW)
トランザクション速度1秒に1ブロック10分に1ブロック約15秒に1ブロック2分に1ブロック75秒に1ブロック
スケーラビリティ高(BlockDAG構造)高(Shardingなど)
プライバシー一般的な透明性一般的な透明性一般的な透明性高(匿名性強化)高(選択的匿名性)
分散化度中〜高
エネルギー効率高(kHeavyHash高(PoSへの移行後)
  1. 市場での位置づけ:
  • Kaspa(KAS)は、分散型のレイヤー1プラットフォームです。Direct Acyclic Graphを使用し、Proof-of-Workコンセンサスメカニズムを採用しています。これは、例えばHederaが使用するようなものと類似していますが、BitcoinのようなPoWに基づいています。EthereumがPoWからProof-of-Stakeへの移行を行った後、マイナーがリソースを他へ移動させることができる位置を埋めました。Kaspaは、ブロックチェーンのトリレンマ(スケーラビリティ、セキュリティ、分散化のバランス問題)を解決しようとしています。その結果、短期間で強力で興奮を引き起こすコミュニティを獲得しています。

2. 価格動向とコミュニティのサポート:

  • Kaspaの価格は市場に出た後、1350%増加し、引き続き上昇しています。価格上昇は、Tier 1取引所への上場のための成功したクラウドファンディングキャンペーンに起因しています。強力なコミュニティを活用し、主要な取引所への上場によりプロジェクトに更なる流動性と認知度をもたらすための資金調達を行いました。プロジェクトは30,000ドルのUSDTとKASトークンの寄付を集め、キャンペーンを終了しました。

3. 競合分析と採用の課題:

  • Kaspaは既存のブロックチェーンプラットフォームからの競争と採用の課題に直面しています。独自の技術とスケーラビリティ、プライバシー、パフォーマンスへの焦点を持っているため、分散型アプリケーション空間で有望な競争者となる可能性があります。課題としては、Kaspaの認知度不足、MoneroやZcashなどの市場の他のプレイヤーとの競争、暗号通貨に対する規制環境の不確実性、新しいコンセンサスアルゴリズムやより高度なゼロ知識証明の開発などの技術的要素、BitcoinやEthereumのような大規模なユーザーと開発者のネットワークとの競争などが挙げられます。

これらの情報から、Kaspaは革新的な技術と独自のアプローチを持ち、ブロックチェーン業界において重要なプレイヤーになる可能性を持っています。価格上昇と強固なコミュニティサポートを背景に、プロジェクトは引き続き成長していますが、市場での認知度の拡大と競争上の課題を克服する必要があります。また、業界内での競争と規制環境の不確実性は、今後の採用と成長に影響を与える可能性があります。

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

Kaspa (KAS)の買い方、購入方法

メカ丸

博士。Kaspa (KAS)の買い方を知りたいです。

メカじい

MEXCでのKaspa (KAS)の買い方を紹介するぞい!

①MEXCで口座開設をする
②日本の取引所からMEXCへ送金し、仮想通貨を購入する

① MEXCで口座開設をする

口座開設は以下のMEXC Global公式サイトはこちらからのリンクより赤線部入力で新規登録が完了します。

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

メカ丸

メールアドレスで登録できるから簡単でした!

② MEXCでの購入方法

STEP1. 国内取引所へ日本円を入金
STEP2. 国内取引所で日本円を仮想通貨に交換
STEP3. 仮想通貨をMEXCの口座に入金
STEP4. MEXCで仮想通貨を購入する

STEP1. 国内取引所へ日本円を入金

  1. 国内取引所に登録
  2. 国内取引所に日本円を入金する

日本からMEXCへ入金する際、

日本円での銀行振込は利用できないため

クレジットカードか国内の仮想通貨取引所へ入金するかのどちらかになります。

しかし、クレジットカードでの入金は手数料が高いためおすすめできません。

そこでここでは国内取引所からMEXCへ入金する方法を紹介します。

まずは、国内の仮想通貨取引所でアカウントを作成しましょう。

アカウントを作成する際は、個人情報の入力や本人確認の提出が必要です。

アカウントを作成・登録したら、国内取引所に日本円を入金しましょう。

国内取引所ではビットバンクがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)
ビットバンクからの購入→送金手順

ビットバンクのおすすめ理由
・bitbank(ビットバンク)は取引量国内No.1の取引所
・取引所で買える銘柄が多く、コストを抑えられる
・板取引に強く、初心者から上級者まで幅広い支持を集めている

bitbank

送金速度も速いので私もビットバンクを利用しています。

STEP2. 国内取引所で日本円を仮想通貨に交換する

  1. 取引所で購入したい仮想通貨を選択
  2. 購入したい数量を選択

国内取引所に入金した日本円を仮想通貨に交換しましょう。

仮想通貨はビットコインやリップルなど何でもOKです。

国内取引所で購入したい仮想通貨を選んだら、
購入したい数量を選択し購入します。

STEP3. 仮想通貨をMEXCの口座に入金

他取引所からMEXCへ通貨を送金し、購入しましょう。手順は以下の通りです。

MEXCでの入金手順
  1. ホーム画面で資産をタップ
  2. 資産画面で入金をタップ
  3. 検索で入金したい銘柄をタップ(例:XRP等)
  4. 入金するネットワークを選択(例:XRP)
  5. QRコードが出てくるので他取引所の送金画面より入力し、送金で完了
メカ丸

やってみると10分あればできました!

STEP4. MEXCで仮想通貨を購入する

  1. ホーム画面で購入したい銘柄を検索(Kaspa (KAS)はXRPでは買えないのでXRPでUSDTを購入後に購入してください)
  2. 検索結果で取引したい通貨を選択
  3. チャート画面より購入をタップ
  4. 価格」「数量」を入力し、「購入」をタップし完了
メカ丸

サイトが分かりやすくて迷いませんでした!

メカじい

一度やってみることが大切じゃ

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

MEXCのおすすめポイント!!!

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

仮想通貨を買うのにMEXCはオススメです。

MEXCのオススメポイントは、

  • 多くの国で利用されていて、世界基準の取引所
    MEXCは、200以上の国で600万人以上のユーザーに利用されています。。
    多くの言語を扱っていて、世界基準の暗号資産取引所となっています。

  • セキュリティ対策がしっかりしている。
    SMS認証、Google認証、メール認証、ログイン通知機能、アンチフィッシングコード等
    自分に合わせたセキュリティを設定できます。

  • サイトが日本語対応していて分かりやすい
    iosやandroidのアプリでも日本語対応しているため
    日本の取引所と同等の仕様で使いやすいです。

  • 取扱種類が豊富で他通貨に交換しやすい
    日本の取引所での取り扱い通貨は多い取引所で30種類ほどしかありませんが、
    取り扱い通貨数1,100種類以上。
    現物取引だけでなく「先物取引、マージン取引、信用取引」等、
    様々な取引ができます。
メカ丸

最初は不安だったけど使ってみたらすごい使いやすかったです!

メカじい

最近ではMEXCメインになっとるぞい

Kaspa (KAS)取り扱い取引所

取引手数料10%オフ

まとめ

本記事では、Kaspa(KAS)という革新的な仮想通貨について徹底的に解説しました。Kaspaは、2021年にメインネットをローンチした分散型レイヤー1プロジェクトで、独自のPoWコンセンサス「PHANTOM GhostDAG」を採用し、ブロックチェーンのトリレンマを解決することを目指しています。blockDAG技術により、高速なトランザクションと優れたスケーラビリティを実現し、エネルギー効率の高いマイニングアルゴリズムkHeavyHashを使用して環境への影響を低減しています。これらの技術的特徴は、Kaspaが市場での将来性を高める要因となっており、セキュリティ、分散化、スケーラビリティのバランスを保ちながら、仮想通貨の新たな可能性を開拓しています。Kaspaは、技術的革新と環境への配慮を重視することで、仮想通貨業界において重要な役割を果たすと期待されています。

引用元
Coinmarketcap

KASPAホワイトペーパー

KASPA公式サイト

目次